修理について

 

ラ・セードが故障した場合は修理が必要ですが、これが結構厄介な場合が在りますので注意しましょう。
ラ・セードの内部は基本的にシルビアベースなので、エンジン系や内部の内装などなら問題なく修理することが出来るでしょう。シルビアのパーツを使用するだけで良いので、そこまで高い値段にならないですね。だから、この点に関して言えば問題ないでしょう。しかし、外装はそうは言えません。
ラ・セードの外装は特殊な外装をしています。造形を良くするためにかなり脆い素材で出来ており、修理するとなるとかなり難しいことになるでしょう。だから、最悪外装全てを取り替える必要が出てくるでしょう。そして、その費用がかなり莫大で正直自動車の値段よりも高い場合が在りますので注意してください。

 

故に、ラ・セードが走行している場合、絶対に衝突だけはしないようにしましょう。実際に現在の保険制度であれば、だいたいが対物、対人無制限になっていますが、保険の未払いや、強制保険しか加入していないと、損害賠償のときに、非常に莫大になってしまいます。これは、逆に自分が所有したときの修理費なども自動車によっては、保険料が高くなってしまい、そのあたりの維持費用のことも十分に検討した上で、自動車を選択するようにしておく方が無難です。