内装について

ラ・セードを見る上で内装を見ると思いますが、実際そこまで細かく見る必要はないでしょう。なぜなら内装は基本的にシルビアと同じタイプとして作られているからです。
基本的にラ・セードは、外装以外はほぼシルビアの状態に在るでしょう。だから、内装装備もシルビアとほぼ同じですね。だから、内装自体は見なくてもシルビアと同じという判断ですね。ただし、一部違う場合も在りますので注意してください。

 
内装は一般的な自動車と同じ様な内装です。一応確認するなら運転席が使いやすいかをよく確認するようにしましょう。また、外装が長いのでどのように見えるかを確認してください。長い自動車に慣れていないと結構危ないので注意しましょう。

 
このように内装自体は、そこまで特殊ではありません。しかし、外装があまりにも特殊なので注意してくださいね。現在では、ほとんど公道で見かけることのないレアな車になってしまっているので、関心がある人は、インターネットの写真などを参考にしてみるのもよいでしょう。内装面は外面に比べてあまり開示されているデータが少ないので、もしオークションなどで見かけることがあれば、それらの情報を参考にするのも一つの手段です。