痛車

痛車と言う車がありますね。車の種類と言っても良いものですが、ラ・セードを痛車にした人がいるのです。
痛車とは、見ていて目に痛い(見るに耐えない)自動車のことを言いますね。まあ、その手の人にとっては問題ないのですが、普通の人がその痛車を見ると色々とがっかりしたりします。そのような痛車が在りますが、ラ・セードを痛車に変えた人がいるらしいでしょう。知っている人は知っているでしょうが、ラ・セードの外装ボディーはかなり大変な値段になります。凹みなどを出してしまうと修理に相当の金額を使うことがあるので注意しないといけません。そのような外装を痛車にした人はある意味では勇者でしょう。ある意味見つけることが出来たらラッキーかもしれませんね。

 
このようにラ・セードが痛車に変貌しているらしいです。興味の在る方は調べてみると良いでしょう。まず、見かけることのない車のタイプなので、あまり参考にならないかもしれませんが、改造車の中ではそのような部類を楽しむレアなファンもいます。車種によっては、そのようなジャンルに特化した分野もあるので、もし関心がある人がいるのであれば、参考にしてみるのも一つの方法といえるかもしれません。いろいろなブランドがある中で、ぜひ、ラ・セードの本体についても参考にしてみてくださいね。